当社のタイ語翻訳業務について

タイのバンコクと日本に拠点を置くワールドコングレスは、徹底した品質管理により、高品質の日本語⇔タイ語翻訳を提供しています。なおかつ、効率的なオペレーションによるコスト削減により、翻訳の質は落とすことなく、低料金を維持しています。

当社は、タイと日本の両方に法人として設立されており、日本のお客様は日本法人、タイのお客様はタイ法人との取引となります。

他の日本語⇔タイ語翻訳会社では、法律関係、財務諸表、工業規格などの専門関係の文書になりますと、「一般文書」の倍以上の料金を顧客に請求しています。ところが、翻訳会社から翻訳者に対する支払いは、「この翻訳者は、1文字いくら」として設定されており、難易度が難しいことを理由としての増額は行われないのが通常であり、ある意味で、詐欺的な慣行が横行しています(このことを翻訳者が指摘すれば、干されていまいます)。これに対して、当社では、難易度の違いによる、顧客に請求する料金の差は、数十パーセント程度の違いにとどまっています(これは、翻訳に要する時間の差、および、マーケティング上の計算に基づく差です)。この様な良心的な価格が可能な理由は、当社では、当社の専属の業界ナンバーワンの実力を持つ日本人タイ語翻訳者が日本語からタイ語への翻訳を担当しているためです。

タイ語翻訳会社のウェブサイトの宣伝文句は、ラーメン店の看板と同様に、どこも似たような文言が踊っており、それにより翻訳品質を判断するのは難しいのが現実ですが、判断基準の1つとなるのが、ウェブサイトに書かれた日本語の文章力です。「てにおはがおかしい」、「主語と述語の対応関係がおかしい」、「稚拙な表現である」などの問題点はないでしょうか?語学のプロである日本語⇔タイ語翻訳会社でありながらその様な日本語をウェブサイトに乗せている会社に発注するのは避けましょう。

当社では、また、ビジネス関係の文書だけではなく、タイ人の友人・恋人などに当てた個人的な文書の翻訳も行っています。ラブレターの様な個人的な手紙の場合には、格安でサービスを提供しており、多くのお客様に繰り返しご利用いただいています。

翻訳会社の翻訳の質をウェブサイトから判断することは難しいのが現実ですが、当社では、一度利用されたお客様からは何度も繰り返しご依頼をいただいております。

タイ語翻訳

自らも高い翻訳能力をもつ翻訳コーディネータが,翻訳工程を専属で監督します。翻訳工程は各分野専門の翻訳者による翻訳・校正者とチェッカーによる二重チェックを基本に,お客様のご希望に応じ適切なプランを組み立てます。

弊社のサービスは、プロによる翻訳作業、二重チェック体制を基本とし、お客様の細かい需要や好みに柔軟に対応した翻訳を提供することを目標として常に改善を図っています。


良くある質問(FAQ)

タイ語の翻訳ならWorld Congress

タイ語の翻訳に関してお客様からよく質問のある項目を集めました。当社への業務ご依頼の検討に際しての参考にしていただければと思います。質問項目は今後もQ&A項目の追加、または、ウェブサイトの内容の充実により対応していきたいと思っています。

掲載されていない内容に関してご質問がある場合には、メールでお問い合わせください。


翻訳料金の支払い方法

個人のお客様の場合には、銀行振り込みにより前払いでのお支払いとなります。法人のお客様でも、初回のお取引の場合、翻訳料金のお支払いは、銀行振り込みによる前払いとなります。法人の場合で、一定の取引実績のある場合には、後払いでも可能です。

対応分野

ワールドコングレスは、技術、会計、経理、法務、契約書を中心としたタイ語のビジネス翻訳及び、その他多くの翻訳に対応可能です。専門性の高い分野に対しても、それぞれの分野に精通した専門翻訳と経験豊富なコーディネーターがお客様のニーズに高いレベルでの対応します。ただし、当社では、売り上げの最大化よりも、高品質を追求することをモットーとしており、内容、分量、および、納期から、高い品質の翻訳が出来ないと判断される場合には、お断りさせていただく場合があります。

タイ語、チェンマイ方言、イサーン方言の違い

タイ人はタイ語を話していると思いがちですが、これは半分当たりで半分外れと言うのが正しいです。なぜなら、タイは各地域で方言や訛りがあるからです。 「それは日本も同じではないでしょうか。関西弁や東北弁はその地域に行けば日常的に使われていますから」と考えた方もいると思われます。確かにそうですが、タイの方言や訛りは関西弁や東北弁の比ではありません。ほとんど独立した言語として使われていると考えている方もいます。以下、詳しく紹介します。

タイは大きく4つの地域に分けることができます。そして各々地域ごとに独自のタイ語が広まりました。それぞれの地域を取り上げていくと、まずは中央タイです。首都バンコクを中心にアユタヤ・パタヤ・カンチャナブリなどの地域を指しています。首都バンコクがあることから、中央タイで話されているタイ語が標準語と定められています。

次に東北タイです。ウドーンターニー・ノーンカーイ・コーンケンなどの地域で通称イサーンと呼ばれています。東北タイで話されている言葉はイサーン語と呼ばれるくらい強い方言となっています。例えば、標準語の「マイペンライ」、日本語の「大丈夫」「なんとかなるさ」という意味ですが、東北タイでは「ボーペンニャン」となり、標準語とかけ離れた別単語になっていることが分かります。なぜここまで違うかと言うと、イサーン語は元々ラオスのラオ語にルーツがあり、そこにタイ語が合流してきた形で広まったからです。それゆえ、タイの隣国ラオスの首都ビエンチャンでも通じます。

さらに北上すると北タイに入ります。古都チェンマイを中心にチェンライ・スコータイなどの地域です。北タイでもチェンマイ語とも呼ばれる強い方言があります。チェンマイ語はイサーン語と似ており、「マイペンライ」も同じように「ボーペンニャン」と話します。ですが、北タイはスコータイを始めとした古都の地域であり、ビルマの影響も受けたことから上品な発音・言葉を話すと考えられています。一方、イサーン語は生活的にものどかなことから田舎の言葉と考えられているようです。

タイ語学校のほとんどは、標準語としてのタイ語の勉強のみか可能で、方言に関しては、プライベートレッスンでの対応が可能な学校がわずかあるのみです。

最後に南タイです。プーケット・クラビー・サムイ島などが有名な地域です。ここではマレーシアに近いため、マレー語の混在やマレー語訛りの会話が飛び交っています。

以上のように、タイの地域によってかなり異なり、例えば翻訳の際は標準語なのかチェンマイ語なのか等を考慮する必要も出てきます。ここから、タイの翻訳事情も垣間見ることができます。

タイ語翻訳

Youtubeタイ語会話レッスンビデオ


第8回 子音その四:「末子音3」

講義内容


  • タイ語の末子音の練習
  • ng
  • m
  • n