タイ語翻訳者の勤務形態

翻訳価格

タイ語翻訳者の勤務形態には以下の様なものがあります。

フリーランス翻訳者

  • リスクが大きいが、場合によってはリターンも大きい勤務形態
  • 日本人がフリーランスとなる場合には、リスクの点から、タイではなく、日本でフリーランスとなる場合が多い。

翻訳会社社員

  • 翻訳会社のほとんどは社内に翻訳者を抱えておらず、この形態で勤務する翻訳者は少ない。
  • 特に、タイ語の場合には、英語と違い、一定量の受注が必ずしもあるわけではないため、翻訳者を社員として採用しようとする会社は少ない。

一般企業での翻訳通訳担当社員

  • 実務経験をつむことが出来、かつ、一定の収入が確保できるという点で、駆け出しの翻訳者にはおすすめの方法
  • とはいえ、業務のマンネリ化、翻訳通訳者の社内政治へのまきこみなど、マイナス点も存在する。

タイ語翻訳者の勤務形態

Youtubeタイ語会話レッスンビデオ


第7回 子音その三:末子音2

講義内容


  • タイ語の末子音の発音の練習
  • k
  • t
  • p