タイ人との国際結婚

タイ人専門結婚登録代行業者を使わず自分達で結婚手続きをした方がお金もかからないし良い経験になりそうと考える方も多いかもしれませんが、基本的に時間とお金が代行業者を使うよりもかかりますし、何よりも手続きがかなり大変です。まず、タイ人との結婚手続きをタイで先にするのか日本で先にするのかによっても、申請方法が少し異なります。 どちらを先にしても大差ありませんがタイの方が女性ですでに妊娠しているケースなどでは子供の国籍のことを考えて決める必要がありますし、個別の事情もありますので、状況によって変わってきます。どちらを先にしたとしても、たくさんの提出書類が必要となってくるので覚えておいた方がいいです。まず、日本の役場への提出書類は、婚姻要件具備証明書、住民登録証の謄本、婚姻届け用紙二通です。婚姻届け以外の書類は必ず和訳文と英訳文を一通ずつ持っていきます。次にタイでの婚姻手続きの提出書類は、証明書発給申請書、戸籍謄本、タイ人の妻もしくは夫の身分証明書とパスポートです。これだけでも同じ国同士が結婚する場合とはだいぶ違うことがわかります。 とにかく提出書類がたくさんあり、どれか一つでも洩らしてしまうと手続きは進みません。例えばお互いが仕事をしていてなかなか書類が整わずに結婚の日取りが変わってしまった、などということのないように事前に二人で必要書類を準備し、話し合っておく必要があります。こうした一連の作業を自分達で行うことも大切かもしれませんが、タイ人との国際結婚という決断に踏み切ったのであれば、土地の状況をよく理解している業者に多少費用がかかっても任せることをすすめます。同じ国同士の人間が結婚する時に業者を使うのはあり得ませんが、見知らぬ土地での結婚であったりその土地の人間でも結婚したことがなければ手続きの方法なんてよくわからないのも無理はありません。業者を使うと、例えば日本人の配偶者として在留資格申請手続きや在外公館でのビザ申請といった事柄のような細分化されたことまでも業者が請け負ってくれます。会社によってできる範囲は異なりますが、基本的に様々な面でどちらの国に対してもサポートしてくれるので、まずは一旦相談だけでも行ってみる価値はあります。結婚を決めた二人が結婚するまでの手続きに手間取って、そのせいで気持ちの行き違いが生じたり、ケンカが増えたり、手続きに追われて結婚準備ができないなんてことなどないようにこういった業者は存在しますので、気軽に聞いてみて下さい。