タイ語翻訳、イサーン語などの方言は対応できるの?

タイ語と言うのは、タイ王国における公用語であり、タイ・カダイ語族に属する言語だと言います。 タイ・カダイ語族と言うのはタイ、ラオス、ベトナムなどの東南アジアから中国南部での言語の語族であり、タイ語やラーオ語などを初め、少数民族の言語などを総称してタイ・カダイ語族と言います。 最近の翻訳会社の中には世界各国に翻訳者を持つ企業が増えており、幅広い言語での訳が可能になると言います。 翻訳会社の中には数百か国もの言語の対応を可能にしている会社も有ります。 しかし、翻訳会社の中に訳文を作れるスタッフがいるわけではなく、世界各国に翻訳会社と提携を結ぶ個人、もしくは企業などのパートナーが存在しており、コーディネータが依頼者の原稿の内容を確認した上で、どの人を利用すれば依頼者のニーズに応える事が出来るのかを加味して仕事を発注すると言う特徴が有ります。 また、訳す時には原文に記載されている内容を把握出来る事、そして訳す言語におけるスキルを持つ事が基本となるのですが、依頼者が持ってくる原稿に記載されている内容の中には特殊なものもあります。 法律、医学、建設、機械、電気と言った専門性が高い原文が持ち込まれるケースが非常に多くあるため、タイ語翻訳会社では言語だけではなく専門的な知識を持つスタッフを持つと言います。 因みに、タイ語は中央方言を意味していると言いますが、中央方言の中にあるバンコク地方での方言を主体とした言語が一般的な文章やメディアと言った中で利用されていると言います。 但し、標準的とされるタイ語とバンコク語と言うのは、日本国内における標準語、東京方言と言った違いが有り、更に北タイ言語、イサーン語などのタイ国内で話す言語等多数の言語が存在していると言われているのです。 翻訳の世界においては一般的には標準語となるものを利用して行われるケースが多く、方言を持つ翻訳者については、標準語での翻訳を行うと言う事が求められます。 日本語で言えば、東京方言を利用するのではなく標準語を利用すると言う事であり、普段の生活の中で東京方言を利用する人も、仕事をする時には標準語を使って訳していくことが求められると言う事なのです。 尚、イサーン語と言うのは、イサーン方言とも呼ばれるもので、タイ王国における東北部に位置するイサーン地方での言語であり、このような特殊な訳が必要な場合などでは、この地域に住む翻訳パートナーなどの力が必要になると言います。

インドネシア語翻訳会社

インドネシア語のインターブックス

http://www.interbooks.co.jp/service/translation/language/indonesian

JOHO

http://www.joho-translation.com/thai_translation.html

แปลเอกสารภาษาญี่ปุ่น

http://www.japan-on-line.com

タイ語翻訳会社ブレインウッズ

https://www.brainwoods.com/translation/language/thai.html

タイ語翻訳会社まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2138139659745520501