タイ語翻訳者に必要な能力

タイ語の読解力

  • 日常会話レベルを超える複雑な構文をもったタイ語を日本語に翻訳する能力
  • 翻訳に際しては、通訳と違い辞書を使うことは出来るが、高いレベルの翻訳を行うには、ほとんどの部分は辞書を使わずに理解し、細部の確認のみに辞書を用いるのが望ましい。さらに言えば、辞書は、訳語を決める際の参考のみに使うのがベスト。

日本語の表現力

  • 複雑な構文のタイ語をわかりやすい日本語で表現する能力。
  • 産業翻訳を前提にすれば、美しい日本語よりも、一回読んですんなりと意味の分かる日本語が望ましいが、現代の日本での国語教育では、この点に関する教育は行われていないため、この点に問題のある翻訳者が多い。

パソコンスキル

  • 原稿のレイアウトを出来るだけ反映した美しい翻訳済みファイルを納品するために必要なスキル。フォントの種類とサイズを美しく整える美的感覚も含む。
  • 使用目的によってはこの点は必要ない場合もあるが、使用目的は受注段階では明確でない場合も多く、レイアウトの再現はできる限り行うべき。

専門知識

  • 頻繁に翻訳の発生する分野(法律、会計など)に関する知識を有することが望ましい。たとえば、財務諸表の項目や、監査報告書の文言に関しては、一字一句まちがいなく覚えていることが、会計関係の翻訳には必要。
  • ただし、勉強をしてもリターンの少ない分野もあるので注意が必要。
  • 英語の翻訳者の場合には、特定分野の翻訳のみを行う場合が多いが、タイ語翻訳者の場合には、幅広い分野の仕事を受ける必要があるかめ、専門知識に関してはある程度の割り切りが必要。

タイ語 スキル

Youtubeタイ語会話レッスンビデオ


第9回 「タイ語の音節の構造について」

講義内容


  • タイ語の音節の構造
  • 子音
  • 母音
  • 声調