インドネシア語の音声

東南アジアの国々で使用されている言語は英語や中国語などが多い傾向にあります。東南アジアの国々の多くはかつてはイギリスの植民地支配を受けていたため、その名残で英語を使用しているというケースがほとんどです。また中国は地理的に近い大国であることから、国交が盛んで貿易なども行うため、中国語も使用されています。特に華僑と呼ばれる人たちがインドネシアにも来ることがあり、そういった場合に中国語を用いるケースが稀に見られます。また東南アジアの国々の中にはイギリス以外の国の植民地だったという国もあります。そういった国の場合には宗主国の公用語が用いられているケースが多いです。例えばフランス語が公用語になっている国がいくつかあります。しかし、インドネシアにおいてはインドネシア語が公用語とされています。インドネシア語は、文字で記載する場合にはアルファベットを使用しますが、発音が独特であるためネイティブの人と会話で使用する場合においては、通じないこともあります。そのためインドネシア語の学習をする際には、文字で読み書きするといった方法だけでなく、音声を用いてリスニングやスピーキングの学習をすることが重要になってきます。英語や中国語のような使用人数が多い言語の場合には、一般の書店に行けばたくさんの教材がありますが、マイナーな言語の場合には音声を用いた教材を見つけるのは大変です。しかし、翻訳者になろうとしている人の場合には、きちんと発音を身につけて現地の人と会話をすることができるくらいの水準まで、リスニング能力を高める必要があります。そのくらい上達すれば翻訳会社に就職する際に有利に扱われることが多いです。英語や中国語のようなメジャーな言語であれば、習得済みの人も多いため、翻訳者もたくさんいます。翻訳会社もそれほど多くのインドネシア語の翻訳者を必要としていることは少ないです。しかしインドネシア語のような発音が独特でマイナーな言語の場合には、翻訳者の人数が非常に少なく不足しているのが現状です。インドネシア語翻訳会社においても、インドネシア語を正しい発音できちんと話せる人材を欲しがっている所が多い傾向にあります。音声を用いた外国語学習の教材を使用して繰り返し学習することで、ネイティビストにも十分通じる言語を身につけることが可能です。そうすれば現地のインドネシア人と、ごく自然に会話をすることができるようになり、翻訳や商談をする際に役立つ能力となります。