日本語⇔タイ語翻訳納期に関する質問

日本語⇔タイ語翻訳の最短納期は何日ですか?

  • 他の案件の状況によっては、24時間以内に納入することが可能な場合もありますが、通常は、3日間が最短納期となっております。
  • 納期が12時間以内の場合は100%、 24時間以内の場合は50%の割増料金を頂きます。
  • また、翻訳者の空きがないなどの事情により、日本語⇔タイ語翻訳の納期がさらに伸びることもあります。
  • 翻訳業務の依頼が集中した場合には、新規のご依頼をお断りすることがありません。多くの翻訳担当者に依頼すれば量をこなすことはできますが、翻訳の質を確保することが出来なくなるためです。
  • タイ語翻訳の納期に関しては、タイ語翻訳料金の見積もり時に合わせてお伝えいたします。
  • タイ語翻訳の納期に関しては、タイ語翻訳の対象となる原稿を頂いた後に、タイ語翻訳者との打ち合わせの上決定いたしますので、回答に最長で1日程のお時間を頂くことがあります。
  • 依頼した日の内に納品していただくことは出来ますか?

  • 状況によっては可能です。ただし、納期が12時間以内の場合は100%、 24時間以内の場合は50%の割増料金を頂きます。また、個人のお客様の場合には、振り込み確認時から、上記の時間を計算します。

  • タイ語通訳に対応

Youtubeタイ語会話レッスンビデオ


語学入門講座:第2回 母音その一

講義内容


  • タイ語の母音について
  • 日本語の母音との比較
  • 長母音と短母音について

タイ経済

タイは、1985年から1996年の間に、年率平均12.4%の高度経済成長を経験した。1997年には、バーツに対して売り圧力が強まり、経済危機を経験した。この年には、タイのGDPは、前年比マイナス1.9%となった。経済危機により金融機関の脆弱性に関する問題が明らかとなり、チャワリット政権は、これまでドルに対してペッグをしていた(1978年から1997年まで、1ドル=25バーツで固定されていた)バーツを、1997年7月に、変動相場に移行することを余儀なくされた。その後、チャワリット政権は、経済危機に対する対応の遅さを批判された。バーツは、1998年1月には、1ドル=56バーツまで下落した。タイ経済は、1998年には、前年比10.8%のマイナス成長となり、アジア経済危機の引き金となった。

タイの経済は、1999年には回復を始めた。その主な原動力は、輸出増であった。その後、2001年には、世界経済の減速により一時的に成長率は2.2%に落ちたが、その後は、アジア経済の高成長に伴い、再び、力強く成長を続けた。2002年から2004年には、年率5%から7%の高成長であった。2005年から2007年には、バーツ高により、4%から5%の成長率に減速した。